2011年12月20日火曜日

ロンポールが大統領になったら、金価格はどうなるか。


アイオワ州では大統領選の共和党立候補者のトップがロン・ポール議員になった。
FRBを終わらせろとか、金本位制を復活させるべき、米国のが保有する金に監査と言う一方で、財政均衡にも非常に力を入れている。実際に、2008年の共和党候補者の仲では唯一イラク戦争に反対しており、国から与えられた予算を使い切るのではなく節制して余った分は財務省に返還し、『偽善的で非倫理的』であるという理由から年金も受け取っていない。

しかし、これほどマトモにカネを使える人がアメリカの大統領になったら財政問題が解決し、金価格が下落するのではないだろうかと考える人も居る。確かに、財政は良くなるだろうが準備金銀行制度である以上、デフォルトを行わない限り借金を消滅させる事は現代金融理論上ありえない。ロンポール自身そのことは良くわかっており、過去にQEでFRBが引き受けた$1.6Tの米国債を『消滅』させれば良いとの発言もある。つまり、量的金融緩和ではなく本当に純粋な意味で借金を消滅させて、カネを印刷しろという事だ。

しかし、それでは今の金融緩和をしてばかりのFRBと全く同じではないだろうか?
極めて似ている点、同じだけど意味が異なる点がある。

1.デットシーリングの問題が解消する
そういえば、なんか夏ごろにアメリカが財政破綻だどうのこうの騒いでたじゃないですか?
QEで借金する必要が無ければそもそも、その問題は発生しませんでしたよね。っていうか、カネを純粋に印刷すれば借金なんて解決じゃん?

2.アメリカ国債が暴落する(?)
過去にQEが実施された際には米国債は大幅に下落した。じゃあ、ロンポールが言ったようにQEしてFRBが引き受けた米国債を消滅させるとどうなるか?米国の借金は減るのでひょっとすると米国債の利回りが下がるかもしれない。米国債がどうなるかなんてその時にならないとわからない。けど、過去のQEではドルが下げた。そんな状況の中で低利回りの米国債は誰が持ちたがるのだろうか?それなので、やっぱり米国債は下げると思う。もちろん、利回りもあがるけど、借り換える必要なんて無いから関係ないよね?(少なくとも米国政府にとっては。

3.暴落しても米国債は紙くずにはならない(?)
米国債が暴落したとしても、それをアメリカが自分でカネ印刷して安く買い取る事が出来ればかなりの借金削減になりますよね?そんなわけで、本気でカネを印刷する事ができてもどこかに底は生まれると思う。ロンポールは金本位制の実現を掲げているが、日本や中国がアメリカの借金をたくさん持っている状態で金本位制にした所で、金を持っていかれるだけなのでそんな事はしたくないはず。

4.FRBの信用が失墜する
説明不要。

よって、QEと類似している点はあるものの、最大の相違点は準備金銀行制度の延命ではなく、準備金銀行制度の自壊の促進が最大の違いではないかと勝手に想像している。もちろん、アメリカがには金本位制に移行できるだけの金が実際にあるかどうかという点については監査されていないわけだからロンポールも、あんびるも知ったこっちゃない。だけど、ロンポールは一般的な手段による財政均衡だけを考えているわけではないし、恐らくそれが可能であるとも思っていない。(米国債とドルの実質価値を100%保ったまま、金本位制への移行はできますか?借金削減できますか?)加えてロンポール自身、相当金現物を溜め込んでいるので、ロンポールが大統領になったら財政が改善するから、金価格は落ちるだろうという考えはあまりにも浅いんじゃないですかね。


そういえば、ロンポールといえば金本位制だけど、
大麻合法化にも賛成してます。
応援するしかないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');